ニュース

全国農業協同組合連合会が取り組む地域振興・産地支援の一環として、東京駅地下のエキナカイベントスペース「SQUARE ZERO」にて『にっぽん応援マルシェ』が行われます。今回こちらのマルシェでの東北六花販売が決定いたしました!「ニッポンエール」ブランドのグミなど、JA全農グループを中心とした魅力ある商品の数々が集まります。また「干ししいたけ」のつかみ取りチャレンジなどのイベントも!!【開催期間】1月14日(金)~1月16日(日)【営業時間】11:00~20:00(最終日は18:00まで)普段はオンラインショップでしか購入できない東北六花を、実際に手に取りながら購入できますので、お近くを通られた際はぜひ覗いてみて下さい。

先着限定30セット!日比谷花壇オリジナルのクリスマスリース型花器付き花BOXをリリース!! 去年のクリスマスより、今年のクリスマスはもっと素敵に過ごしたい。大切な家族、パートナー、友人と、少人数でいいから会いたい。そんな特別なひとときを、お花でもっと素敵に彩ってみませんか? お花が短くなっても楽しめるように、日比谷花壇作製のクリスマスリース型花器と、保水チューブを同封した限定花BOXを販売! 花器は壁に掛け、保水チューブに挿したお花を入れて飾ることができます。お花は国産のみを使用。クリスマスカラーであるレッドやグリーンを基調とし、雪のイメージで添えたホワイトが更にクリスマス気分を盛り上げます。先着限定30セット、お花はMサイズのみのお取り扱いとなります。先々まで楽しむことが出来るクリスマス限定BOXをぜひお楽しみください。   

日頃より「花BOX」をご利用いただき誠にありがとうございます。年末年始の花市場お休みにつき、お花の仕入を行うことができない日がございます。そのため日時指定を承れない日や通常よりも発送日程が遅れる期間が発生します。つきましては、下記の詳細をご確認の上ご注文をご検討いただきますようお願い致します。 【年内最終発送日程】12月22日(水)までにご注文で、12月28日(火)発送いたします。【日時指定を承れない期間】12月30日(木)~1月7日(金)の到着指定は不可となります。【発送日程が遅れる期間】12月23日(木)~12月31日(金)にご注文いただいた商品のうち、日時指定の無いものにつきましては 1月6日(木) 発送となります。 また、お問い合わせのご返答は下記期間中お休みとさせていただきます。この期間のお問い合わせに関しましては、1月4日(火)以降順次ご連絡いたします。【ご返答休止期間】12月30日(木)~1月3日(月) お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

全国農業協同組合連合会と農林中央金庫が共同で取り組む地域振興・産地支援の一環として、新宿東口駅前広場(ルミネエスト前)で開催されている「ルミネアグリマルシェ」にて、『にっぽん応援マルシェ』が行われます。 今回こちらのマルシェでの東北六花販売が決定いたしました! 東北六花の他にも、農福連携で生産された野菜や加工品、東京都産野菜、東北産リンゴ、国産果実を使用したグミ・ドライフルーツ、海産加工品といった全国各地の安全・安心な国産品が販売されます。 開催期間 : 2021年11月12日(金)~11月14日(日)開催時間 : 11:00~18:00場所 : 新宿東口駅前広場(ルミネエスト前) 普段はオンラインショップでしか購入できない東北六花を、実際に手に取りながら購入できます。 お近くを通られた際はぜひ覗いてみて下さい。 イベント詳細はこちら↓https://www.zennoh.or.jp/press/release/2021/86412.html

日頃より「花BOX」をご利用いただき誠にありがとうございます。 全農東北とのタイアップ企画商品「東北六花」のうち、6本入りの【小】タイプが『東北六花【POST】』となって本日より販売開始となります! 気軽にお花も楽しめ、東北産地の応援にもなる『東北六花【POST】』 皆様からのご利用をお待ちしております。

魔法びんのパイオニア『THERMOS』が運営する「PLUS THERMOS」にて、東北六花をご紹介いただきました! 「PLUS THERMOS」は、生活に豊かさを生み出す+αのエッセンスを提供するメディアです。 今回はその中で「おうちカフェ」をテーマに、東北六花のお花を使用した記事が掲載されました。 その他にも暮らしのヒントになる記事がたくさんありますので、是非チェックしてみてください。 ↓東北六花掲載記事はこちら↓「おうちカフェ〜東北から届いたお花で、暮らしを彩る」

おうち時間を楽しむため「植物生活」と「花BOX」のコラボレーション商品が好評につき第2弾をリリースいたします! WEB植物生活が開催するBOTANICAL PHOTO AWARD(ボタニカルフォトアワード)にて、花BOXを勝ち抜いたフラワーアーティスト監修によるアソートボックスの第2弾の発売が決定いたしました! 第二段として新たにコンテスト受賞作家の2名の作品を販売いたします。 「Sissi シシィ」 Produced by hiromi ハプスブルグ家最後の王妃(オーストリア皇后)エリザベートの愛称Sissiをイメージして。マリー・アントワネットやベルサイユ宮殿などの世界観を称え、なかでも上品さ、美しさ、可愛さ、自由さを備えた女性であったといわれるエリザベートに想いを馳せています。このBOXの花材選びもそういった世界観から派生したものとなっています。   「葉叢 はむら」 Produced by Aharusame 豊かな緑への想いを余すところなく享受したいと いう熱意をBOX に詰め込み、サステナブルでエシカルを意識したグリーン BOX。花材を何度も活用し、長く楽しみ、癒しを得るためのご提案。自分なりのアレンジをして楽しめますが、一輪挿しや複数花器に生けても楽しい空間を描きます。花々を短く切ってしまう前に、色んなカタチで楽しんでください!   アーティスト監修の動画コンテンツも! 今回のコラボ企画のスペシャルコンテンツとして、作品アレンジのコツを作家自らがレクチャしていただける動画をご用意!今回の商品は届いた花を飾って楽しみ、その後ドライフラワーになる花材です。「長く楽しむ」は形を変えてもなお、花の美しさに触れる。いい香りをリラックスしながら楽しんだ後は、動画を参考にご自分でスワッグやリースを作り楽しんでみてはいかがでしょうか? ※動画は近日公開予定です。   購入はこちらから⇒    

夏の余韻を残しながら、秋の訪れを感じさせる9月初旬。花BOXではこの時期にぴったりな、秋色に色付く特別なヒマワリをご提案いたします。 千葉県館山市。そこは房総半島の沿岸にほど近く、側道にはヤシの木が生い茂り、まるで南国の雰囲気を感じさる温暖な気候が印象的です。東京都から程近い千葉県は、実は花の生産量が全国でも有数の産地であり、県内に数ある産地の中でも、大手有名生花店が名指しで出荷を求めるほどの評価を受けているのが今回ご紹介するヤマキ花卉園さんです。   〈 砂地に咲くひまわり 〉 ヒマワリはもともとよく栄養を吸収する特徴があり、特に水と肥料の調整には細心の注意が必要です。栄養を与えすぎてしまったヒマワリは肥料過多となり、花が大きく育ちすぎて首が垂れてしまったり、葉は大きく茎も太くなった場合は花に十分な栄養が行き届かないなど、様々な問題が発生します。 ヤマキ花卉園さんの圃場は海岸から程近く、長年かけて堆積された砂で覆われた大地は水はけが良く、肥料持ちが悪いという特徴があります。この特徴を生かし、水と肥料を極限まで減らして栽培する事で、小ぶりでシャキッと上向きの花と、硬く腐りにくい茎の特別なヒマワリが生産されます。   〈 受け継がれる技術〉 現在、2代目の山田桂さん(写真手前)が圃場を取り仕切るが、先代である父:滋さんもまだまだ現役。所有する多くの圃場ごとに、それぞれの土と砂の分量や、大地の傾斜など細かい点を見極めつつ、最新の注意をはらいながら水と肥料を調整していきます。そうして育てられたヒマワリは他の産地には負けない最高の仕上がりとなって出荷されます。   〈 品質への飽くなきこだわり 〉 こうして育てられたヒマワリは加工場にて、花径の大きさや茎の太さ、色目など厳しい基準をもとに細かく選別されます。そもそものお花の品質はもちろん、厳しいオーディションを経て選ばれたより品質の良いヒマワリのみが市場に流通される為、全国の売場で評価を受ける理由に納得です。   〈 秋色のヒマワリ〉 今回花BOXの為にチョイスいただいた品種は「サンリッチマロン」と「サンリッチライチ」    小ぶりでかわいいヒマワリご自宅に飾るにはちょうど良いサイズ感で、アレンジに入れても主張しすぎる事もありません。飾るシチュエーションに合わせてBOXサイズをお選びいただけます。この機会に、ヤマキ花卉園さんが作る「砂地に咲く小さなヒマワリ」を是非お楽しみください!   購入はこちらから